樹脂板、ポリカーボネートから雨どい、波板、排水ます、床材まで多彩なプラスチック製品。

文字サイズ

研究開発

魅力ある商品づくりの推進

経営スローガン、「顧客から出発する」、「挑戦なくして成功なし」の姿勢を基本に、魅力ある商品づくりを推進。

研究開発方針

当社グループの製品はプラスチックの成形加工をコア技術に多数の分野に展開しています。
今後も継続してお客様の要求に応え、より高品質、高機能な製品を提供するためには、メーカーの原点であるモノつくりの強化が必要です。
開発部ではベースとなる技術を向上するために、原料となる素材・配合の研究、成形加工、設備技術および製品化のための設計技術の研究を全社グループ横断的に実施しています。
また、各分野で培われた技術による機能発現を全グループで活用、応用展開すべく企画・マーケティング部門も設置し、時代の潮流、お客様の潜在ニーズを掘り起こしてより多くの新製品を生み出すべく活動しています。

開発体制

開発部には「企画グループ」「技術開発グループ」「設備技術グループ」「メディカル研究グループ」の4つのグループがあります。

商品開発グループ
お客様により近いポジションで市場の要求にスピーディーに対応すべくマーケティングから新商品の企画立案まで取り組んでいます。
基礎研究グループ
商品化の実現のために企画グループ、各工場、グループ各社と連携し、商品化技術、加工・施工技術の開発を実施しています。また、成形加工、材料・素材の研究および分析評価に取り組み全グループのベース技術の強化で新商品開発、製品の品質向上に貢献しています。さらに、中・長期を見据えた革新的な技術、商品開発に結びつく研究にも取り組んでいます。
設備技術グループ
プラスチックの成形加工技術を支える重要な因子として設備があります。より良いものを効率的に作れる設備の設計、新しい機能を生み出せるプロセス革新を各グループと連携して取り組んでいます。
メディカル研究グループ
メディカル分野は生体学等の専門性が必要になります。神戸・ポートアイランドに研究所を設置し市場の要求に適切に対応できるメンバー構成で、メディカル分野に特化した商品開発、研究に取り組んでいます。

住環境事業分野

住設建材

ポリカーボネートプレートは透明性と衝撃に対する強さが評価され採光建材として広い用途で採用されています。ポリカーボネートプレートにさらに機能を付加した商品として、透明性を維持したうえで熱線を吸収するプレートや断熱性・剛性を確保できる中空構造のルメカーボといった商品開発を実現しました。省エネに貢献する材料としてトップライト、採光壁、カーポート屋根材等に生かされています。
また、循環型社会の構築に貢献すべく雨水関連分野に注目し、サイホン現象を利用し高効率に雨水を集められる雨といのジェットライン、雨水を住宅内で有効活用できる雨水貯留タンクや地下貯留漕など、市場要求に呼応した商品開発を実施してきました。

高機能材事業分野

産業資材

半導体や液晶といった最先端の製品を生み出す現場でもタキロンの高分子加工技術が活かされています。製造環境をクリーンに保つ制電プレートはお客様の要求にお応えしてさまざまな品質の製品を開発、提供しています。また、火災への耐久性能を高めた超難燃材料FMプレートも広くお客様に受け入れていただいています。
携帯電話、スマートフォンといった身近な商品でもタキロンの製品が使われています。ポリカーボネートプレートを薄板に成形し、表面をハードコート処理することで、モバイル機器の表面板としての機能を満足しガラスに替わる部品として安全性を特徴に採用が増えています。

床事業分野

床事業分野

マンションの廊下、階段用の床材として、豊かな住空間と滑りにくさという安全性を兼ね備えた製品でお客様の評価を得ています。特殊製法により印刷とは違い、チップで奥まで同一の柄を形成させているので意匠の耐久性にも優れています。より掃除がしやすいように、表面の凹凸を抑えたうえで防滑性能を維持した商品や意匠性に優れより高級感のある製品を随時開発しお客様の要求に応えています。

メディカル事業分野

「スーパーフィクソーブ」は生体内分解吸収性材料のポリ乳酸と骨の成分であるハイドロキシアパタイトからなる全吸収性骨接合材です。骨接合材自体が骨伝導性、骨結合性などの生体活性を有しており、周囲の骨と直接結合します。そして吸収されるに伴って、生体骨と完全に置き換わり、最終的に水と二酸化炭素になって体外へ排出されます。製品の形状は螺子状のものからプレート形状のものまであり、整形領域、顎顔面領域、脳外科領域、胸部外科領域と各領域に適した製品を開発し適用範囲を拡大しております。

メディカル メディカル

技術開発

技術の進歩はお客様に役立つ機能が発現できて初めて価値が生まれます。タキロンでは機能を高める技術開発に日夜取り組んでいます。強化する機能としては、光制御、難・不燃化、断熱・放熱、高耐久といったものに集中し実施しています。光制御ではより高透明で歪みのない板の開発、表面の腑形による光の屈折、拡散の活用、難・不燃はプラスチックを燃えにくくして安全に貢献する製品を開発し市場投入しています。断熱・放熱は中空構造、多層化による熱線の抑制、ゲル素材による放熱材料の開発に取り組んでいます。熱、光などに対する耐久性については配合技術やエンプラ加工技術でお客様の要求にお応えしています。既存の分野のみならず、各機能の強化により新分野にも役立つ製品の開発を積極的に行っています。

企業情報トピックス

2017/01/24企業情報
会社分割(簡易新設分割)及び新設会社の株式譲渡に関するお知らせ[容量:164KB]
2016/12/26企業情報
タキロン株式会社とシーアイ化成株式会社の経営統合に係る最終合意に関するお知らせ[容量:199KB]
2016/12/26企業情報
商号の変更および定款一部変更に関するお知らせ[容量:122KB]
2016/12/26企業情報
臨時株主総会の招集および同臨時株主総会のための基準日設定に関するお知らせ[容量:86KB]
2016/12/26企業情報
代表取締役および役員の異動に関するお知らせ[容量:149KB]
2016/12/26企業情報
親会社の異動に関するお知らせ[容量:118KB]
2016/08/05企業情報
タキロン株式会社とシーアイ化成株式会社の経営統合に関する基本合意書締結のお知らせ
[容量:192KB]
2015/06/30企業情報
日本ポリエステル株式会社の株式取得(子会社化)完了のお知らせ[容量:129KB]
2015/03/31企業情報
日本ポリエステル株式会社の株式取得(子会社化)に関する取締役会決議について[容量:172KB]
2014/10/30企業情報
日本ポリエステル株式会社の株式取得(子会社化)に関する基本合意書の締結について[容量:144KB]
2014/09/25企業情報
当社一部生産拠点の体制変更について[容量:143KB]
2014/06/12企業情報
役員の異動に関するお知らせ[容量:67KB]
2014/05/09企業情報
子会社(中国現地法人)設立に関してのお知らせ[容量:224KB]
2014/03/20企業情報
役員の異動に関するお知らせ[容量:80KB]
2014/02/26企業情報
役員の異動に関するお知らせ[容量:129KB]
2013/10/23企業情報
タキポールname(ネイム)他が「2013年度グッドデザイン賞」を受賞。 タキロンプロテック株式会社[容量:729KB]
2013/03/21企業情報
「役員の異動に関するお知らせ」の一部変更について[容量:79KB]
2012/11/19企業情報
東北支店は平成24年11月19日より仙台市青葉区一番町3-1-1(仙台ファーストタワー)に移転しました。なおTEL/FAXには変更はございません。
2012/10/01企業情報
防滑性ビニル床シート タキストロン PRENTO(プレント)がグッドデザイン賞を受賞しました。
2012/03/14企業情報
役員の異動に関するお知らせ[容量:161KB]
2012/01/01企業情報
タキロンポリマー株式会社の本社・工場を福岡県八女市今福437-1に移転いたしました。